当社商品のご案内

■商品一覧

ここでは当社の扱う商品をご紹介します。
各項目をクリックすると、それぞれの商品の紹介ページに移動します。

商 品 名 メーカー
特 徴
ART PLAN ART プリント基板設計基準書
開発者の方向けに作られたプリント基板の設計基準書になります。
当社のプリント基板の設計開発はすべてこちらを基に作成がされています。教育用の資料から設計ノウハウの構築まで幅広く活用できるツールです。
CADVANCEαV Design YDC プリント配線板設計システム。
片面・両面プリント配線板から、多層・フレキシブルプリント板、更には高速信号、ビルトアップ、部品内蔵プリント配線板・モジュール基板まで幅広い設計に柔軟に対応するプリント配線板設計支援システムになります。
CADVANCEαV Schema YDC 回路設計システム。
ドッキングウィンドウ、タブによるウィンドウ切り替え、自動非表示ウィンドウなど、直感的なユーザインターフェィスにより、設計者の思考をストップさせることなく、回路デザインの構築と、図面としての表現を強力にアシスト
CADVANCEαV CDM YDC 設計部品情報管理システム。
設計用部品データベースシステムを構築するパッケージソフトウェアです。部品調達用の購入情報、フットプリント形状・実装技術などの製造情報、電気的特性・動作モデルなどの設計・検証情報を構造化して結びつけて、電子回路設計のための統合部品ライブラリを実現します。
CADVANCEαV File Master YDC 設計管理ファイル管理システム。
ファイル管理システムを構築するクライアント・サーバー型のパッケージソフトウェアです。プリント配線板の設計全般におけるCADデータ及び設計文章などの管理に特化したファイル管理機能をご提供します。
CADVANCEαVEyeSchema/EyeDesign YDC マルチ検図システム。
CADVANCEαV-EyeDesignは、単なるビューワ機能だけでなく、機構・回路・実装など設計者のコミュニケーションを迅速かつ正確に行うことができます。
また、マルチCAD環境に対応したEDA標準ツールです。
EMC knowledge base assist system YDC EMC ナレッジベースアシストシステム。
CADVANCE αIII-Design EMCナレッジベースアシストシステムは、アートワーク設計段階からEMC対策を考慮したアシスト系自動ツールをご提供する事により、ノイズに強いプリント配線板の設計を可能とします。
S-NAP PCB Suite MEL 実装プリント板シミュレーション。
S-NAP(R)PCB Suite(R)は部品実装状態のプリント基板全体の電気的特性解析や電圧分布を可視化できるシミュレーションソフトウエアです。
これまでは試作された部品実装基板を検証することで得られていた情報を、アートワークにコンピュータ上で部品実装を行いシミュレーションすることで、プリント板の電気的特性やノイズの影響などの解析結果を得ることが可能です。
S-NAP Microwave Suite MEL マイクロ波用のEDAツール。
S-NAP Microwave Suiteは、回路シミュレーションソフトウエア、回路設計ソフトウエア及び電磁界シミュレータの3つに大別されます。回路シミュレーションソフトウエアは、S-NAP/Proをハイエンドバージョンとして、S-NAP/Linear(A)まで解析能力別に、5つのグレードに分かれています。回路設計ソフトウエアS-NAP/Designは、マイクロ波フィルター、トランジスタ整合回路、アクティブフィルターなど 様々な回路を設計できます。またS-NAP/Fieldは部品実装状態で解析が可能な電磁界シミュレータで、お求め安いMODEL1・2を含め、3段階のグレードで構成されています。

SimPRESSO

  実装基板評価シナリオ

Fujitsu 実装基板評価シナリオ。
利用環境にあわせて必要な解析シナリオを選択していくことで、お客様独自の専用システムとして、業務やレベルにマッチした使いやすいシステムを容易に構築することができ、製品開発における期間短縮、品質向上、コストダウンに貢献することができます。
PC-Mount CAM ダイナトロン 部品実装図面・仕様書などの作成ツール。
搭載データ・部品表(BOM)変換機能。各種CADシステムから出力された搭載座標テキストデータや、実装機用マウントデータのフォーマットを自動認識して、変換が可能です。
CADVANCEαV面解析システム YDC 適切な特性のパスコンを適切な位置に配置することで共振を減少させることができます。面解析システムのシールド面共振解析により、共振の減少対策をサポートします。

   ガーバー基準自動測長装置   MasterSCALEU

ダイナトロン CAM部門でガーバー表示して、測長位置を指示するファイルを作成、
それを測長機に転送するだけ、自動的に基板やフィルムその他の
測長が可能です。測長結果がエクセルデータになります。 

 銅厚全自動測定装置    CTM-5040

ダイナトロン

高精度のケルビン法により低抵抗測定により、
ミクロン以下2桁の厚さ計測精度で無人測定

プリント基板でも特に薄物基板の銅箔厚の測定ニーズが高まっています。
L/S50μ製品のエッチングでは、銅箔の厚さによりエッチング仕上がりが
左右されます。
一般的には、ワークの任意の30ポイントを計測します。
しかし、人手で行うと接触圧力の違いや、接触角度の違いにより
精度がことなり、さらに銅箔にキズをつける原因にもなります。
測定時間は、1ポイント約1.3秒ですから30ポイントでは40秒です。 

 ステンシルCAM

ダイナトロン

 PC-AutoCAMの中のメタルマスク編集のみを切りだしたものです。
ガーバーから部品を自動抽出する機能が売りです。 

 テストクーポン関連

   クーポンビルダー

ダイナトロン

 多層用テストクーポンガーバー自動生成ソフト