TTL とCMOS 回路のインタフェースについて | パターン設計開発支援サイト


TTL とCMOS のインタフェースの回路設計をする場合の注意点として
アンダシュート、オーバシュートはスペック内にすることです。 

TTL ICからの出力でCMOS LSIを駆動する場合、
アンダシュートノイズや入力レベル不足で誤動作する場合があります。 

これは、TTL IC の出力インピーダンスが低いのに対し、CMOS LSI の
入力インピーダンスは非常に高く、反射によりアンダシュートを発生する為です。 

また、入力レベルにおいても、TTL レベルとCMOS レベルとに差があり、
特にハイレベル側の電圧不足が問題となります。

対策方法として下記があります。
 (1)TTL IC の出力端子に抵抗を入れアンダシュートを防止する。
 (2)CMOS IC の入力にプルアップ抵抗を取り付ける。
 (3)専用のインタフェースIC を使用する。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif