EMC対策の部品の選択(コンデンサ編) | パターン設計開発支援サイト

■EMC対策の部品の選択(コンデンサ編)

受動部品は寄生的な抵抗、容量、そしてインダクタンスを含んでいる。

EMC問題が発生する高周波領域では、これらの寄生成分が問題となり、
その部品が異なった挙動を示す。 

例えば、 高周波領域において、
コンデンサは、その内部やリードのインダクタンスによって共振を起こし、
最初の共振点より上の周波数領域では主に誘導性のインピーダンスを持つ。 

コンデンサに関しては、これらの寄生成分が小さく、より高い周波数まで、
最良の高周波性能を持つ、表面実装セラミック・コンデンサが
EMC対策のために推奨される。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif