分布定数回路の必要性 | パターン設計開発支援サイト

分布定数回路の必要性


回路解析には、使用する波長と配線長との関係から

“集中定数回路” と “分布定数回路”があります。


周波数が高くなるにつれ、

回路解析は集中定数回路から分布定数回路になるといわれていますが、

影響が出てくる周波数について議論できるのは、

導体の長さが決まっている場合のみです。


周波数の波長λ(m)と導体長さのLの関係が基本となります。


周波数が高いからだけの理由で“集中定数回路” が 

“分布定数回路”とはなりません。


導体の長さが決まっている場合、入力周波数が高くなると

電圧の振幅と位相の値が入力と出力で異なってきます。


この異なり方が、無視出来なくなり始めた周波数から

“集中定数回路” は “分布定数回路”として取り扱う必要が

出てきます。

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif