EMC対策の部品の選択(抵抗編) | パターン設計開発支援サイト

■EMC対策の部品の選択(抵抗編)

受動部品は寄生的な抵抗、容量、そしてインダクタンスを含んでいる。

EMC問題が発生する高周波領域では、これらの寄生成分が問題となり、
その部品が異なった挙動を示す。


例えば、 高周波領域においては、
皮膜抵抗はコンデンサ (0.2pF 程度の並列容量により) になるか、
あるいはインダクタ (リード・インダクタンスと抵抗により) となる。

また、これら2つが共振し、より複雑な挙動を示すこともある。

 1kΩ 以下の皮膜抵抗は通常は数百 MHz まで抵抗性を持つが、
巻線抵抗は数 kHz 以上では使いものにならない。


これらの、寄生成分が小さく、より高い周波数までその抵抗性を持つ為、
EMC対策としてSMD抵抗が推奨される。

例えば、1kΩ以下のSMD抵抗は、通常は 1GHz でも抵抗性を持つ事が出来る。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif