伝送ラインの等価回路(l<<λ) | パターン設計開発支援サイト

伝送ラインの等価回路(l<<λ)

伝送ラインの長さl(m)が入力周波数の波長λ(m)と比較して長い場合、

伝送ラインの等価回路は単位長さ当り、

直列に直流抵抗R(Ω/m)と浮遊インダクタンスL(H/m)が、

また、

並列に浮遊コンデンサC(F/m)と基板と設置間の絶縁抵抗である

コンダクタンス値(抵抗R:1/R=G(S/m)が一点に集中していると考えます。

これらは、伝送ラインの構造と物理的な寸法と単位長当りの値です。

この状態が“分布定数回路”です。

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif