LVDSについて | パターン設計開発支援サイト

LVDSについて


データ伝送方式の一つで差動伝送の代表格です。 


数100Mビット/秒以上と高速の信号伝送を実現するために、 振

幅を数100mVに減らした入出力信号レベルの仕様です。 


低振幅としたことで雑音の影響を受けやすくなりますが、 

シングル・エンド伝送ではなく差動伝送にして解決しています。 


シングル・エンド伝送とは、 

1本の信号ラインと共通グランドで構成された形で、 

高速信号や長距離伝送の場合にノイズ特性が弱い欠点があります。 


また、多数ビットの情報を伝送するためには本数を増やす事になり、

 大規模な回路では配線が多くなってしまいます。 


差動伝送は、 

2本の信号ラインがそれぞれ反対向きの信号となって伝送され、 

受け側で2本の信号の差分を信号として受け取る方式です。 


高速信号向きのため、多数ビット信号を並べ替えて1つの信号にして伝送できます。 


つまり、シングル・エンドの多数ビット分を2本の伝送線路だけで伝送できます。 


2本の差分を信号として受け取るため、

伝送線路の途中でノイズが混入したとしても2本の線路に同じ方向の

同じレベルのノイズとなって受け側でキャンセルされるため、 

ノイズに強い伝送方式です。 


通常は、受け側の2線間に100Ωのブリッジ終端を入れて用います。 

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif