マイコン、FPGA、インターフェースIC等で,I/O電圧が異なる時の対処法@ | パターン設計開発支援サイト

マイコン、FPGA、インターフェースIC等で,I/O電圧が異なる時の対処法@


5Vトレラント機能やレベル変換機能が内蔵されているバス・
バッファICを使用する。


5トレラント機能:

  トレラントとは「抵抗力のある」という意味です。

  電源電圧の異なるIC(この場合、5Vデバイス)との接続を
    可能にする内部I/Oバッファの特性。

  たとえば3.3V動作ICでは、
    入力の絶対最大定格の最大値が「3.3V+α」の為、
  5Vデバイスからのハイ・レベル入力は、これを越えるため
    許容できません。

  5トレラント機能が有る場合は、
    電源電圧に関係なく5.5V程度まで入力が可能な為、
  電源電圧3.3Vの場合、5Vから3.3Vに変換できます。

レベル変換機能:

  2系統の電源電圧入力を持ち、
    この入力に異なる電源電圧を接続する事で、
    レベル変換を行う事が出来る特性。

  例えば、
   入力側は5Vで、出力側は3.3Vの場合。

   入力側の電源電圧を5Vに接続し、出力側の電源電圧を
      3.3V接続することによって、
   5Vから3.3Vにレベル変換を行う事が可能となります。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif