デジタルICの電源ノイズとデカップリング回路の必要性 (2) | パターン設計開発支援サイト

デジタルICの電源ノイズとデカップリング回路の必要性 (2) 

動作周波数の低い回路、ノイズマージンが大きな回路では、 

デカップリング回路は、ICの電源端子とグラウンドをつなぐ、 

デカップリングコンデンサを、ICの電源端子の近くに配置するだけで、 良い場合も有ります。 


デカップリングコンデンサの役割 
 ・コンデンサの直流電流を流さない(インピーダンス∞)、

    交流は流すの特性を利用して、直流電流はICに供給し、

    交流電流(ノイズ)はグランドに流し、ノイズを除去する。 


デカップリングコンデンサは、インピーダンスの低い物を選び、 

ノイズを効率良く、グランドに落とす。 


但し、動作周波数の高い回路、高速IC、ノイズ発生の大きなIC、

ノイズに弱いICは、より高性能なデカップリング回路が必要となります。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif