デジタルICの電源ノイズとデカップリング回路の必要性 | パターン設計開発支援サイト

デジタルICの電源ノイズとデカップリング回路の必要性 

デジタルICにつながる電源には、各種のコンデンサやEMI除去フィルタが使用されます。 

これらはICの電源端子と電源配線をつなぐ接続点に、

デカップリング回路を盛り込む事により、 

電源品質を向上させる事が出来ます。 


デカップリング回路の働きとは、

 
 (1) ICから出入りするノイズを除去する。 
 (2) ICの動作よる過渡的な変化に対して、電源電圧を維持する。 
 (3) 信号経路の一部。 


などの働きを持っています。 

デカップリング回路が十分に働かない場合、 
 (1) 外部にノイズが流出し、他の回路の動作に不具合が出たり、

      機器からの不要輻射が増加する。 
 (2) 外部からのノイズの影響で、ICの動作に不具合が出る。 
 (3) 電源電圧が変動し、ICの動作に不具合が出たり、

      信号品質が低下したり、信号に重畳するノイズが増える。 
 (4) 信号電流の帰路が不十分となり信号品質が低下する。 


上記の不具合が発生する可能性があります。 


最適なデカップリング回路を盛り込む事は、

ノイズ除去と回路動作の安定に必要です。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif