マイコンやFPGAでI/O電圧が3.3V時の注意点 | パターン設計開発支援サイト

マイコンやFPGAで,I/O電圧が3.3V時の注意点。


・異なるI/O電圧のICとの接続。

 例えば、5V系。

  @5V系のデバイスを駆動できない。

   5.0VのCMOSの場合,
      入力側は2.5Vをしきい値としてHレベルとLレベルを判断します。

   VOHが2.4V以上のLVTTL信号を接続した場合,
      もし2.4Vであれば、わずか0.1Vではありますが信号の伝達が
      保証できません。

   逆にLVCMOSであればVOHが2.96V以上ですから,
      5VのTTLインターフェースに対しても正しく信号伝送が行えます。

  
  A5V系の信号はI/O電圧3.3VのICの破壊する可能性が有る。

   TTLではVOHが最小2.4Vと規定されていますので,
      接続できそうですが、TTLの場合,Hレベル時の出力電圧は最大で
      5.0V近くになる可能性があります。

   つまり,3.3V入力に5.0Vが印加される可能性がある。

   例えば、3.3VのLVTTL/LVCMOSインターフェースに設定した場合,
   最大入力電圧は3.6VとDC特性で規定され、
      また,絶対最大定格は3.75Vの時、5Vを印加した場合、
      ICが破壊する可能性が有る。

   したがって、3.3Vを超えないように注意しなければなりません。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif