マイコン、FPGA、インターフェースIC等で、I/O電圧が異なる時の対処法A | パターン設計開発支援サイト

■オープン・ドレインICの利用 

 オープン・ドレインICは,バス・バッファICの簡易版と思って下さい。 


 違いはIC内部の出力回路部分を簡略化することで、

  ”L”レベルの出力はできるが,”H”レベルの出力に関しては

 電圧を出力しないというものです。

 
 ”H”レベルの出力しないとは疑問に思うかもしれません。 

 これは出力電圧を得る方法が設計者に委ねられていることです。 

 オープン・ドレインICでは出力電圧を得るために、

 外部に”H”レベルにしたい電源電圧と抵抗を接続します。 

 これにより,”H”レベルは1Vだろうが2.5Vだろうが48Vだろうが,

  ICが破壊されない限り任意の電源電圧に決められます。 

 オープン・ドレインICの出力端子に、3.3Vに直結した抵抗を用意すれば、

 ”H”レベルは3.3Vになります。

 

戻るボタン.png

 

tit_kaihatsu.gif