パスコンの配置 ----- パターン設計開発支援サイト

プリント基板設計に関する考え方を紹介します。

■パスコンは容量の小さい順に配置


容量の異なる複数のコンデンサをパスコンとして使用する場合が

あります。


コンデンサの容量により、周波数特性が異なるためです。



プリント基板では、容量の小さいコンデンサほどパターンの影響が

大きくなります。


パターンが長くなると、パスコンとしての効果が小さくなってしまいます。


そのため、ICの端子から見て、容量の小さい順にコンデンサを配置・

配線する必要があります。(参考画像:下)

青

 

戻るボタン.png

 

tit_pt.jpg