T分岐配線を避ける | パターン設計開発支援サイト

プリント基板設計に関する考え方を紹介します。


■T分岐配線を避ける
 
 プリント基板を設計する際、
 配線はできるだけ分岐させないことが望ましいと考えられていました。
 
 最近では、伝送線路シミュレーション結果等により、
 分岐配線を行う場合があります。
 
 画像左の例ではT分岐配線となっています。
 
 この場合、T分岐の部分がオーバエッチングにより
 パターンが細くなり、断線の可能性が高まってしまいます。
 
 
 画像右の例ではT分岐にする部分に補強を入れています。
 
 このように配線することで、
 オーバエッチングによりパターンが細くなってしまうのを
 防止することができます。

T分岐.png

 

戻るボタン.png

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

tit_pt.jpg