Vカットと部品の位置 | パターン設計開発支援サイト

プリント基板設計に関する考え方を紹介します。

■Vカットと部品の位置


 複数のプリント基板を面付けする場合、

 Vカットを使用することがあります。

 

 前回、ミシン目と部品の位置について書きましたが、

 Vカットの場合も同様に注意が必要です。 

 

 コネクタなど部品によっては、

 基板の外側にはみ出していることもあります。

 

 部品を実装後、基板を分割しますが、

 Vカットに部品があると、

 基板分割時に割りにくくなり、割った基板が当たり

 部品を傷つけてしまう可能性もあります。

 

 部品と重なる箇所はスリットにするなどの配慮が必要です。

 

 

 コネクタなどの部品の中には、基板のふちにかかる場合があります。


 この場合は、スリットを設けなければ、実装時に部品が浮いてしまい

 ますので注意が必要です。

 

Vカットと部品の位置.jpg

 

tit_pt.jpg