フォトカプラの配線 ----- パターン設計開発支援サイト

プリント基板設計に関する考え方を紹介します。

■フォトカプラの配線

 

  フォトカプラは、1次側と2次側を絶縁するために用いられます。

 

 そのため、1次側と2次側のクリアランスを十分に確保することが

 大事です。

 

フォトカプラの配線.png

 

 画像右側の例は、

 1次側と2次側のクリアランスを十分に確保されている状態です。

 

 内層、裏面ともに部品下には、パターン(GNDベタを含む)のない

 状態となっています。

 

 

 画像左側の例は、

 1次側と2次側のクリアランスを十分に確保されていない状態です。

 

 1次側の配線が2次側に回りこみ、赤丸の部分が接近しています。

 

 この場合、意図した絶縁効果を得ることができません。

 

 

 部品の特性を考慮したパターン配線が必要です。

 

戻るボタン.png

 

tit_pt.jpg