トップビュー/ボトムビュー@ | パターン設計開発支援サイト

プリント基板設計に関する考え方を紹介します。


■トップビュー/ボトムビュー
  
 プリント基板用の部品シンボルを作成するとき、
 ランド径、寸法などを確認するため、データシートを参照します。
 
 SMDの場合、データシートは(おそらく)全てトップビューで
 描かれています。
 
 リード部品の場合は、
 データシートの寸法図がトップビュー(部品実装面視)であるか、
 ボトムビュー(ハンダ面視)であるかに注意する必要があります。
 
 この面視を間違えてしまうと、
 ピン番号が実際の部品と逆になったり、穴位置がずれてしまったり
 してしまいます。
 
 
 データシート上に、どちらの面視であるか書かれていますので、
 部品シンボル作成前に必ず確認することが重要です。
 
 データシートのみでは判断ができない場合は、
 現物の部品を確認すると確実です。

 

戻るボタン.png

 

tit_pt.jpg