部分加熱法とは | パターン設計開発支援サイト

部分加熱法とは
パッケージのリード、実装基板を局部的に加熱する 方法で、

「はんだごて」、「ホットエアー」の2種類有り。 


特徴はデバイスやプリント配線板への熱ストレスは 小さい。

但し、量産性に乏しい。 

その為、はんだ付けの手直し、耐熱性の弱いデバイスに多く採用されています。 


全体加熱法とは 

パッケージ、実装基板全体を加熱する方法。 
「赤外線加熱」、「温風加熱」、「温風・赤外線 併用加熱」、

「VPS加熱(ベーパーフェイズソルダリング)」、「フロー(噴流)加熱」

の5種類有り。 


特徴は量産性、ランニング・コストに優れていること から、

一般に広く利用されています。

 

 但し、デバイス、プリント配線板への熱ストレスが 大きい欠点がある為、

実装時の条件出し(設定) が重要です。 

 

戻るボタン.png

tit_jisou.gif