ソルダリングの接合部の補修について | パターン設計開発支援サイト

ソルダリングの接合部の補修について

補修には、
  ・ソルダリング後の自主点検で発見した不良部分の修正作業
  ・設計変更による修正作業
  ・製品がお客様に渡った後、使用中、故障し修理する場合

 があります。

製造工程(過程)においては検査等、

自主点検により検出した規格外に対しては修正します。

作業内容は
  (1)部品の誤実装、故障などによる取替え修理
  (2)ソルダリング接合部の修正、修理
  (3)プリント配線板のパターン、ランド、パッドなどの修正、修理
  (4)設計変更、ロジック変更に対応した取り付け、取外し


作業の一例です。

 ソルダの完全除去 → 洗浄 → フラックス塗布 → ソルダリング → 洗浄

ソルダの除去には吸取り機、ウィッキングワイヤなどを使用します。 

 

戻るボタン.png

 

お問い合わせ資料請求.jpg

tit_jisou.gif