熱電対 | パターン設計開発支援サイト

温度を測るセンサ部品に熱電対があります。

日常目にする温度計は指針表示のアナログやデジタル表示が
ほとんどですが計測分に熱電対は使用されておらず、
アナログ表示はバイメタル(温度によって2種の金属貼り合せ板の
反り量が変わる)、デジタルではサーミスタ(温度によって導体の
抵抗が変化)が使用されています。

熱電対の用途としては、特定の狭い範囲を正確に測定しなければ
ならない時に主に使用されます。

合金を含め、どの様な異種金属の接合からでもその組み合わせ固有の
電圧が発生するゼーベック効果(物体の温度差が電圧に直接変換される現象)
を使った温度センサです。


・熱電対素線
 熱電対用の素線のこと。
 コーティングした素線、テフロン等の被覆素線があり
 区別の為、裸素線とも言われます。

・熱電対
 対が出来ていれば熱電対。
 裸素線を使用した熱電対を先の閉じた細い金属
 パイプにセラミック粉末とともに充填し
 使い勝手をよくしたシース熱電対はポピュラーなタイプ。

・極細線
 熱電対の導体直径において細線、極細線の境界は
 メーカー毎で相違。
 およそ100μm以上が細線、100μm未満が極細線の境界。

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_jisou.gif