マニュアルソルダリングの要点 | パターン設計開発支援サイト

マニュアルソルダリングの要点は

 @接合部の清浄化

 Aソルダリング用こて先の設定温度、加熱位置と加熱時間などの
  加熱条件

 Bソルダ供給の量、供給タイミング及び供給方法

の3点が挙げられます。

上記の3点の条件設定、作業の安定性を確保することは
容易ではありません。

マニュアルソルダリングにおける不良は、上記の3点の不適切さに
起因しているものが殆どで、その対策はそれらの項目の条件設定、
作業を見直すことです。

 

不良項目 原 因 対 策
ぬれ不良 こて先の加熱位置が不適切 接合部全体を加熱できる位置にこて先を当てる
ソルダの供給位置が悪い ソルダが全体に回るような位置にソルダを供給する
加熱温度が低く加熱時間が短い 接合部の熱容量に適した温度、時間でソルダリングを行う
ソルダ量
過剰・不足
こて先の酸化、炭化物の付着により、
ソルダ量のコントロールが不安定
こて先の酸化防止や清浄化などのメンテナンスを行う
線ソルダの径が不適切 接合部に合わせた適正なソルダ径の線ソルダを使用する
ソルダの供給量が不安定 ソルダを安定して供給できる作業姿勢を確保する
品質基準の理解不足 品質基準をしっかりと理解する
フローアップ
不足
 
ソルダの供給量不足 接合部に合わせた適正なソルダ量を供給する
ソルダを供給するタイミングが不適切 加熱後速やかにソルダを供給する
加熱温度が低く加熱時間が短い 各接合部の熱容量に適したこて先を選定し、
適正な設定温度・加熱位置でソルダリングを行う
ウィッキング
不良
 
ソルダの供給量が多い 接合部に合わせた適正なソルダ量を供給する
設定温度が高い 接合部の熱容量に適した温度でソルダリングを行う
ソルダリング時間が長い 接合部の熱容量に適した時間でソルダリングを行う
表面あれ こて先の設定温度が高い 接合部の熱容量に対して適正な温度に設定する
ソルダリング時間が長い 接合部の熱容量に対して適正な時間でソルダリングを行う
度重なる加熱のみによる補修 ウィッキングワイヤなどでソルダを除去した後、再ソルダリングを行う
コールド
ジョイント
こて先設定温度が低い 接合部の熱容量に対して適正な温度に設定する
ソルダリング時間が短い 接合部の熱容量に対して適正な時間でソルダリングを行う
こて先の当てる位置が悪い 適正な加熱位置でソルダリングを行う
基板の
加熱損傷
こて先設定温度が適正でない 接合部の熱容量に対して適正な温度に設定する
加熱時間が短い 接合部の熱容量に対して適正な時間でソルダリングを行う
基板加熱中に機械的ストレスを加えた 接合部に機械的ストレスを与えないようにソルダリングを行う

 

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_jisou.gif