はんだの外観 | パターン設計開発支援サイト

はんだの外観

 

外観的に見てよいはんだ付けとは、


  ・はんだが良く流れ、裾を引いていること
  ・フィレットに光沢、つやがあること
  ・はんだ過剰、不足やつや等の異常がないこと

が挙げられます。


一般的に富士山型が良好なはんだ状態と言われており、


評価ポイントとして

 @濡れ性
   富士山型でイメージされる様に、滑らかな裾野を引いていることです。

   評価には濡れ角(θ)により判断され、この角が小さいほど

   良好なはんだ状態とされています。

 A光と光沢(つや)
   一様な色と光沢のあることです。

   はんだ付けの条件が不適切な場合、色や光沢にむらが出たり、

   細かな凹凸は観測されることがあります。

 Bはんだ量
   量が不足するとテンプラなど未接合の原因となります。

   過剰な場合は、隣接箇所と接触、ショートの原因ともなります。

 C外観の異常
   クラックやはみ出し等、外観の異常がないことです。

戻るボタン.png

 

お問い合わせ資料請求.jpg

tit_jisou.gif