熱不足 | パターン設計開発支援サイト

熱不足

はんだこてによる手はんだ付けでは“ぬれ不良”以外にも

はんだ時間が長くなることにより、

レジスト剥がれ、部品の損傷といった重大な問題を引き起こすことがあります。


熱量不足を感じた場合、速やかにはんだこて、こて先を

適切なものに変更する必要があります。


又、同じようなパッドでも、パタンの接続先により

同じ条件でのはんだ付けが不可能な場合もあります。


始業前点検におけるこて先温度の確認も重要です。


測定部とこて先の接触不良(位置ズレ)、

こて先が温まる前の計測終了(電源入れた直後の計測終了、

温度上昇前の計測終了)にも注意が必要です。

 

戻るボタン.png

tit_jisou.gif