こて先の温度管理 | パターン設計開発支援サイト

こて先の黒色化は


・フラックスの残渣、炭化物がこて先表面に焼き付く。

・こて先の素地が露出し高温酸化状態。

・鉄、錫の金属間化合物が高温酸化。


等が主たる原因で、

また、それらが複合的に作用していることもあります。


鉛フリーのソルダリングでは、こて先の設定温度が高い為、
酸化・炭化の度合いが大きくなります。


日々の作業における注意事項として
・こて先の温度設定

 → 極力低く設定し酸化、侵食を遅くさせる。
・作業終了後、こて先に新しいはんだを供給しこて台へ片付ける。

 → 酸化を遅くする。
・数分以上使用しない場合は電源を切る。

 → 酸化を遅くする。


があり、こて先の酸化を遅くする効果もあります。

お問い合わせ資料請求.jpg

戻るボタン.png

 

tit_jisou.gif