ソルダペーストの劣化によるはんだボール | パターン設計開発支援サイト

 

ソルダペーストの劣化によるはんだボール


ソルダーペーストの劣化は、

@長時間印刷による劣化

Aリフロー中の劣化

B保管時の劣化

の3種類にわかれます。

ソルダーペーストを長時間印刷すると、粘土、
チキソ比の上昇による印刷不良を起こす場合は
あります。

この時、金属塩の形成で活性剤の還元力が低下し、
はんだボールが発生する場合もあります。

“使用時間限定”、“ペースト追加供給”、
“作業環境温度の調査”等の対策が有効となります。


リフローでは、部品間の温度差を一定にするため
プリヒートされますが、その時間が長いと活性剤劣化、
はんだ粉の酸化を招きはんだボールを増加させます。

大型部品搭載などの影響でリフロー時間が長くなる
場合は、N2炉、高耐熱性を謳ったソルダーペーストの
利用を検討する必要もあります。


※チキソ比
粘度計の測定で、回転数と粘度のデータから得られる
傾きから、チキソ性の程度を 表す指数となるもの。

※チキソ性
粘度の高い液体に力を加えると流動性が生じる性質

 

戻るボタン.png

tit_jisou.gif