はんだ条件による検査方法 | パターン設計開発支援サイト

P2010077.JPG外観検査の項目は単にはんだ部分だけではなく

はんだ条件、部品の加工状態等、 

一連の製造プロセスを考慮した検査を行なっています。 

 

@実装状態、形状への外観検査

 基板の破損、損傷、部品の搭載位置、有無、方向、 極性、浮き、傾き、

 フォーミング状態、寸法、 線材の端末処理、その他

 

Aはんだ部分の外観検査 量(過不足)、割れ、光沢、ぬれ、ピンホール、

 ブローホール、その他 良い例、悪い例、を熟知する事、 はんだ付けの理論を

 理解する事、 基準を把握、理解する事、生産させて頂いた製品の機能を満足させる為に

 基準を明確にした良否判定を行なっております。

 

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_jisou.gif