シルクカット | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった
機能などを紹介します。


■シルクカット

部品の密集度が高くなりますと、部品外形のシルクが、隣の部品の
パッドにかかってしまうことがあります。

このまま基板を製作してしまうと、ハンダ付け可能なパッドサイズが
小さくなってしまい実装不良となります。


レイアウトエディタのシルクカット機能により、シルクカットが
可能です。

[シンボル修正]−[シルクカット]を選択し、「シルクレベル」、
「クリアランス値」などを設定します。

その後、対象となる部品シンボルを選択し、実行することでシルク
カットが行われます。


元に戻したい場合は、
[シンボル修正]−[シンボル変更取消し]により戻せます。
ただし、初期状態(部品が呼び出されたときの状態)まで戻ります
ので、その他のシンボル修正を行っていた場合など注意が必要です。

また、同一の部品シンボル内の図形ではシルクカットが行われません。
シンボル登録時にパッドにシルクが重ならないようにする必要があり
ます。

青

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif