シンボルサーチパス保持機能 | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。

■シンボルサーチパス保持機能


  パートファイルごとに異なるシンボルサーチパスを指定すること

 が可能です。 

 

   Ver8.1から機能が改善されています。

 

  G2モード以上に対応しています。

 

  レイアウトエディタのメニューより

 [ファイル]−[システム設定]を選択します。


 「シンボルサーチパス」を「ON」にすることで、

 パートファイルごとに異なるフォルダを指定することが可能です。

 

  デフォルトは「OFF」となっています。

 

  「OFF」の場合、環境定義エディタで指定したシンボルサーチパス

   のみ参照します。

 

  「ON」の場合、パートファイルで指定したシンボルサーチパス、

  環境定義エディタで指定したシンボルサーチパスの順に参照します。

 

  これにより、例えば仕様の異なるお客様ごとの部品シンボルの

  管理が容易になります。

 

青

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif