平行線作画(差動インピーダンス) | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。

■平行線作画(差動インピーダンス)

 

 「差動信号のインピーダンスコントロールの配線で、

 水平・垂直は配線間隔を調整できますが、

 45°のラインはどのように調整すればよいでしょうか」

 

  というお問い合わせをいただきました。

 

   平行線作画(差動インピーダンス).jpg

 

 特定の間隔を指定して平行線を描くのに、

 水平・垂直であれば「平行複写」(前点相対)などを使用して

 描くこと ができます。

 

 

 しかし、斜めのラインや円弧では「平行複写」を使用しても

 簡単に描くことはできません。

 

 この場合は、

 「束線オフセット」を使用すれば簡単に描くことが可能です。

 

 

 最初に、基準となるラインを描いておきます。

 

 次に、

 レイアウトエディタのメニューより

 [作図]−[束線オフセット]を選択します。

 

    平行線作画(差動インピーダンス)_2.jpg

 

 間隔と作画方向を指定すると、

 設定値通りの平行線を描くことができます。

 

 ※ 間隔モードを

   「中心線」とすると、ラインの中心間、

   「クリアランス」とすると、指定値のクリアランス

   となります。 

 

 

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif