部品配置禁止領域設定 | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。

■部品配置禁止領域設定

 

 ※ G2モード以上で有効となります。

 

 @禁止領域とする図形をラインで作成します。

 

 A[設定]−[領域設定]を選択します。

 

  パラメータは下記を選択します。


  ・禁止領域

  ・禁止領域の種類:配置

  ・設定レベル:全層    全層が同一の設定となります。

               禁止図形はA面のレベルに作成されます。


         指定レベル 指定したレベル禁止領域が作成されます。


  @の図形を選択し、実行します。

 

    部品配置禁止領域設定_1.jpg

 

 B[設定]−[DRC設定]

  「配線チェック」の「禁止領域チェック」右側の「詳細」をクリックします。

 

   「部品高さ領域」の場合、

        シンボル内の高さ領域によりチェックされます。

    「シンボル内ポジ図形」の場合、

        シンボル内のポジ図形(パッドなど)によりチェックされます。

 

 禁止領域に部品を配置した場合、エラー表示されます。

  ※ 配置禁止領域のため、パターンはエラーとなりません。

   シールド面編集によるベタ作成時には、

   禁止領域とならずベタ作成されます。

 

    部品配置禁止領域設定_2.jpg

 


お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif