シールド面編集時の基板外形認識 | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。

■シールド面編集時の基板外形認識


 あるプリント基板のパターン設計時に、

 シールド面の修正・作成ができなくなってしまうという事例がありました。

 

 要因としては、シールド面編集時に基板外形を認識し、

 外側に面を作成しない設定になっていました。

 

 そのため、基板外の面の編集であると認識され、

 シールド面編集ができませんでした。

 

 

 基板外形の認識設定は環境定義エディタにて行います。

 

  シールド面編集時の基板外形認識.jpg


 「配線・修正のモード指定(1)」-「シールド面編集時の基板外形認識」

 

  ON  : 基板外形を認識する

  OFF : 基板外形を認識しない

 

 設定を「OFF」とすることで問題を解決することができました。

 

 

 ※ ここでいう「外側」というのは、

  「閉図形内ではない」という意味合いとなります。

 

    今回は基板外形の一部が未確定で、

    閉図形となっていなかったためにこの事例が発生しました。

 

    基板外形が閉図形となっていれば、設定に影響なく、

    シールド面編集を行うことができます。



 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif