ハイライト表示 | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。

■ハイライト表示

 

 プリント基板のパターン配線中に、信号名を調べるために、

 ひとつひとつの配線をクリックすることは、手間になってしまう

 こともあります。

 

 この場合は、

 ハイライト表示機能を使用すれば、カーソルを合わせるだけで、

 信号名の他、幅(APT)なども表示され、情報を得ることができます。

 ハイライト表示.jpg

 部品シンボルの場合は、リファレンス・シンボル名・配置面を

 知ることができます。

 

 

 操作方法は、

 レイアウトエディタのメニューより

 [表示]−[ハイライト表示]を選択します。

 

 このとき、メニューの左側に「レ」点が入っていれば

 ハイライト表示が「ON」となっています。

 

 

 ハイライト表示の色の設定は、

 [表示]−[表示モード設定]で行います。

 

  ※ すべての図形がハイライト表示されると煩わしく感じる場合は、

    Maskにより、線分のみ、部品のみを選択すると、

    必要な情報のみ得ることが可能です。

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif