シルクとレジストの重なり | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。

■シルクとレジストの重なり 

 シルクがレジストに重なっていると、

 シルクカットされ、文字が読めなくなってしまったり、

 部品の 1ピンマークが消えてしまったりすることが考えられます。

 

 これを防止するため、

 シルクとレジストの重なりが無いことをチェックする必要があります。

 

  層間クリアランスエラー.jpg 

 

 [バッチ型ERC]の「層間クリアランスチェック」により、

 指定した異なるレベルのデータに対してクリアランスチェックが

 可能です。

 

 

「詳細設定」により、チェックするレベルを設定します。

 

 例として、

 「層」の「1」にシルクのレベル、

 「層」の「2」にレジストのレベルを設定し、

 チェックする図形をONにします。

 

 クリアランス値を設定します。

 

 実行、エラー確認は、通常のクリアランスチェックと同様となります。

 

 

 これにより目視に頼る必要がなくなり、

 見落としによるミスが無くなります。

 


お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif