パッド重なりチェック | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。


■パッド重なりチェック

 

 指定した領域内の部品ピン・ビア同士の距離のチェックを

 することができます。

 

 クリアランス値を指定し、この数値以下の場合、

 重なりと判断され、検出されます。

 

 また、同一名の図形のチェックを行うか・行わないかの

 指定をすることが可能です。

 

 ERCでは、検出することのできない同一信号名のパッドと

 ビアの近接のチェックを行うことができます。

 

 

 操作方法は、レイアウトエディタのメニューより

 [ツール]−[パッド重なりチェック]を選択します。

 

 パラメータのクリアランス値を設定し、

 チェックする範囲を長方形で指定すると、チェックが行われます。

 

  パッド重なりチェック_1.jpg

 

 

 重なりが検出されると一覧表示されます。

 

 

  パッド重なりチェック_2.jpg

 

 ホール重なりチェックと同様に「削除」欄をチェックし、

 「実行」することで、削除することも可能です。

 (部品シンボル内の図形は削除されません)

 


お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif