シルク文字の方向統一 | パターン設計開発支援サイト

CADVANCE αIII Designの便利な機能・過去にお問い合わせのあった

機能などを紹介します。

■シルク文字の方向統一

 

 プリント基板のリファレンスシルクの向きに関しては、

 2方向(0°と90°など)に揃えることが多いです。

 

 規模の大きなデータでは、一つ一つ目視で確認・変更すると

 見落としの可能性があるのでチェックが可能でしょうか、

 というお問い合わせをいただきました。

 

 オプションである「バッチ型MRC」を使用すれば、

 文字方向のチェックが可能ですが、今回は代替の方法です。

 

 

 「部品属性角度回転」を使用することで、

 変更前後の文字の角度を指定して、まとめて変更します。

 

 

 操作方法は、レイアウトエディタのメニューより

 [部品番号]−[部品属性角度回転]を選択します。

 

      部品属性角度回転.jpg

 

 「変更前角度」を「180」

 「変更後角度」を「0」

 と指定し部品を選択すると、

 180°であった文字が0°に変更されます。

 

 同様に、-90°の文字を90°に変更することで

 2方向に揃えることができます。

 

  



 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_pattern.gif