高周波用基材について | パターン設計開発支援サイト

■近年、回路の高速化に伴い、高周波数帯で電気的損失の少ない、
 高周波用基材のニーズが高まっています。
 一口に高周波用の基材といっても様々な種類があり、それぞれ特性、コストが異なります。
 弊社での一般的な通常のFR-4の試作単価を100とした場合の、 
 おおよそのコストレベルと特性を以下に記載します。

 @通常FR-4
  比誘電率        4.8    
  誘電正接        0.015    
  コスト指数(単価)    100

 Aポリフェニレンエーテル(PPE)樹脂系FR-4
  比誘電率        3.5    
  誘電正接        0.002    
  コスト指数(単価)    200〜400

 Bガラスクロステフロン基板
  比誘電率        2.17    
  誘電正接        0.0006
  コスト指数(単価)    400〜600    

 CポリイミドFPC
  比誘電率        3.2    
  誘電正接        0.002    
  コスト指数(単価)    500〜700    

上記のコストはあくまで目安となります。 
詳細については以下のアドレスまで御連絡下さい。
info@art-denshi.co.jp

戻るボタン.png

 

tit_new.gif