プリント基板の反り対策 | パターン設計開発支援サイト

■プリント基板の反り対策


 Q.
 プリント基板の反りを少なくするための対策は

 どのようなものがありますか。


 A.
 1.基板上の残銅率を上下、左右バランスよく設計する。

 

 2.Vカット、ミシン目が多いと反りが発生しやすくなるため、

   面つけの時に注意する。

 

 3.捨て基板にダミーパターンを入れる。

 

 4.片面基板で、細長い製品は、はんだ面にメッシュパターンを入れる。

 

 5.板厚が薄い場合は、

   基板サイズが大きくなりすぎないように検討する。


 6.プリント基板は、入荷後、早めに実装する。


 など

 

 プリント基板が反ることで、マウンターで実装できない、

 はんだ付け不良などの問題が発生します。

 

 設計段階で対策することで、反りを少なくすることが可能です。

 

 

 また、プリント基板は、出荷時には反りの公差内に収まっていても

 在庫として、実装しないまま保管をしていると、

 保管の状態によっては反りが発生してしまうことがございます。

 

 保管方法も配慮が必要となります。



お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_new.gif