フタル酸エステル系物質 | パターン設計開発支援サイト

 フタル酸エステル系物質として、最初に思いつくのが、
 DEHP:フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)です。

 その用途は、塩化ビニル製品(床材、電線被覆、一般
 用フィルム・シート、農業用ビニル、工業用原料、壁
 紙、ホース・ガスケット、レザー、塩化ビニル樹脂、
 履物など)のポリ塩化ビニル合成樹脂の可塑剤として
 多く使用されています。

 可塑剤とは、合成樹脂(プラスチック)を軟らかくす
 るために使用されるもので、プラスチックに柔軟性を
 持たせたり、加工し易くすることができます。
 プラスチックの加工は、可塑剤なくしては出来ないと
 いっても過言ではないでしょう。

 反面、その毒性も指摘されており、内分泌攪乱物質と
 して生殖障害などを引き起こす可能性が指摘されてい
 ます。

 このような背景から、DEHP、DBP、BBPはREACHの認可物
 質となっており、改正RoHS指令(RoHS2指令)において
 も、2015年6月4日、RoHS2の禁止物質(制限物質)を定
 めた2011/65/EUのAnnexUを置き換える(EU) 2015/863が
 公布され、禁止物質のひとつとして追加されています。


     

 

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_new.gif