FR-4とCEM3の相違点について | パターン設計開発支援サイト

お客様から、

基板の基材について何を選べばいいのか分からない

というお声をよく耳にします。


当社でよく使われる基材は、

 ・ガラス布基材エポキシ樹脂(FR-4)

 ・複合基材エポキシ樹脂(CEM-3)  などです。

FR-4の材質は、

ガラスエポキシ材(ガラス繊維製の布)+エポキシ樹脂を含浸し、

CEM3の材質は、

ガラスコンポジット材+エポキシ樹脂を含浸しています。

 

顕微鏡で見ると切り揃えられたガラス繊維を重ねたように見えます。


材質の特徴としては、

FR-4は、非常に硬く、耐久性が非常に高い反面、

専用工具や機械がないと加工が難しいです。


しかし、汎用性が高く、信頼性があるため、よく使用されます。


CEM-3は、FR-4よりも耐久性は劣りますが、

加工性はベークとエポキシ材の中間くらいとなっております。



基板についてお悩みの事や、ご相談がありましたら、

是非お気軽に下記までお問い合わせください。

 


     

 

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_new.gif