ハロゲンフリー基板 | パターン設計開発支援サイト

○ ハロゲンフリー ○


 最近、ハロゲンフリー基板のお問い合わせをいただきます。


 ハロゲンとは、周期表の第17族の元素で、

 フッ素(F)、塩素(Cl)、臭素(Br)、ヨウ素(I)、アスタチン(At)

 の5元素のことを指しています。


 電気電子業界で使われている用語としてのハロゲンフリーの定義は、

 明確に決まっているものはないようで、ハロゲンが含有されていない、

 もしくは、意図的に使用していないなどと解釈されています。


 また現在のところ、ハロゲンフリー機器についての規制はないようです。


 ただし、ハロゲンフリー材料としては銅張積層板を対象としたJPCA-ES01

 という規格があり、閾値として以下の含有限界濃度が定められています。

                (JPCA:社団法人日本電子回路工業会)

 

 塩素(Cl)含有率:0.09wt%(900ppm)以下

 臭素(Br)含有率:0.09wt%(900ppm)以下

 塩素(Cl)及び臭素(Br)含有率総量:0.15wt%(1500ppm)以下


 一般に、ハロゲンフリー基板というと、このハロゲンフリー材料

 (ハロゲン系難燃剤無使用材料)を使った基板を指すことが多いようです。


 メーカによって、ハロゲンフリーの定義や用語の使用方法などが

 若干異なっているようですが、電気電子業界でハロゲンフリーという場合の

 対象ハロゲンは、一般に臭素と塩素の2種類の元素を指しているようです。


 プリント基板においては、難燃剤として臭素系難燃剤が使用されている

 場合があります。



 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_new.gif