セラミック基板 | パターン設計開発支援サイト

■セラミック基板の概要をご紹介致します。
 興味がある方は、アート電子へお問合せ下さい。

■特長
 ○高周波特性に優れます。
  :比誘電率(ε)が10±0.2と高い為、マイクロ波帯での波長短縮率が
   大きくなり部品の小型化が可能です。
  :誘電正接(tanδ)が4〜6×10(-4乗)と小さく、しかも高純度導体のため
   高周波伝送ロスが大幅に少なくなります。
 ○高スルーホール信頼性です。
  :基板表面とスルーホール内に一括して銅をメタライズするため、
   スルーホール信頼性に優れます。
 ○低コストでファインピッチを実現します。
  :ペーストではなくエッチングにより回路を形成しますので、
   低コストで、ファインピッチに対応できます。

■用途
 ○高周波関連機器用回路部品
  :移動帯通信用高周波モジュール基板
   共振器・発信器回路(VCO・TCXO等)・フィルター・ミキサー・コンバーター
   増幅回路(パワーアンプ・ローノイズアンプ等)
  :衛星通信用送受信回路部品
   各種レーダー(航空・気象・マリン等)
   CS/VSAT(LNBコンバーター・アンプ)ディレイライン
  :各種高周波計測器用回路部品
   スペクトラムアナライザー
   マイクロ波カウンター・オシロスコープ等
 ○半導体パッケージ関連
  :LCC(Leadless Chip Carrier)・MCM(Multi Chip Module)等
 ○その他
  :耐熱、耐湿等の信頼性、放熱性および高精度、ファインパターンを要求される
   回路部品等

■標準パターン仕様
 ○材料:アルミナ純度96%、99.5%
 ○サイズ(mm):100×100(1辺200mmも可)
 ○厚み(mm):0.3/0.5/0.635/0.8/1.0(0.254/2.0も可)
 ○厚み公差(mm):±10%
 ○スルーホール径(mm):0.3〜
 ○最小線幅/線間(μm):50μm

 

戻るボタン.png

tit_new.gif