インピーダンス測定について | パターン設計開発支援サイト

<インピーダンス測定について>

Q

現状、製品として仕上がっているプリント基板の
インピーダンス対象箇所を実測することは可能でしょうか。

A

実測は不可能です。

理由は、測定する装置のプローブピンを
当てられないためです。

Q

プローブピンが当てられるパッドがあれば
測定は可能でしょうか。

A

製品内にプローブが当たれる端子があれば測定は可能です。
端子は、インピーダンスのラインとグランドへの接続のある端子が必要です。
また、プローブの当たり方により、誤差も発生するため、
ライン及びグランドにあたる端子にはTHが必要です。
(差動なら4穴、シングルなら2穴必要です)

Q

その場合、意味のある測定になるでしょうか。

A

インピーダンスの測定はその部分部分での測定のため
穴端子を設置する事でその部分でのインピーダンスの狂いや、
反射等が発生します、
その為、特性的には悪影響が考えられ、通常は行わないと思われます。


     

 

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_new.gif