マーキングについて@ | パターン設計開発支援サイト

1.マーキング(シルク印刷)の役割について
 
  マーキングは、電子回路実装およびメンテナンス作業を容易にするため、
  主に部品の位置、および方向を明確にするためのに使われる文字、数字、
  シンボルおよびパターンの表記である。
  また、マーキングをシンボルマークと呼ぶこともあります。

2.マーキング(シルク印刷)の要求特性

  @印刷後、目視において容易に判別できること

  Aはんだ耐熱、密着性、耐溶剤性、難燃性等の要求は
   レジストと同じ

  B色の種類は、白色、黄色が一般的ですが、
   黒色、青色、緑色などもある。

3.マーキング(シルク印刷)の注意点

  印刷されたマーキングが、はんだづけ部や、
  スルーホール穴にかかってはならないため、
  通常、レジストデータでシルクカットを行います。
  そのため、シルクの配置によっては、シルクカットを行うと、
  文字がほとんど欠けてしまい、判別できなくなることがございます。

  また、文字の大きさ、太さ、高さにも、印刷時の限界がございます。
  スペースの問題で、文字を小さくしなければいけない場合は、
  基板製造を依頼する基板メーカーへ対応できる範囲の確認が必要となります。


     

 

 

お問い合わせ資料請求.jpg

 

戻るボタン.png

tit_new.gif